無添加ドッグフードおすすめ人気ランキング

カナガンドッグフード
カナガンドッグフードはペット先進国のイギリスでリピート率80%以上のグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。小型犬にも食べやすい小型タイプの形状で日本でも人気が高まっています。

 

穀物不使用がなぜ良いのか?
犬、ワンちゃんに多いアレルギーの一つに穀物、トウモロコシ、小麦、大麦などは消化器官や皮膚のトラブルの原因の一つだと考えられています、その為穀物を使わない事でアレルギーを軽減させることが出来ます。
もちろん原料や素材へのこだわりも、すべての原材料が人間の安心して食べる事が出来るものばかりです。
ココをチェック

穀物不使用(グレインフリー)でアレルギーの軽減
小型犬も食べやすい小粒タイプ、小型犬の多い日本の向き
ワンちゃんの食いつきが良くドライフードを食べないワンちゃんにもおすすめ

ドッグフードをすぐに飽きる犬でしたがカナガンに換えてからは喜んで食べています。
以前なら定期的にドッグフードを換えていましたが今のところ嫌がらずに完食してくれています。

今まではドライフードに見向きもしませんでしたがカナガンに換えてからはそのままでも食べてくれています。
毛艶も良くなった気がします。定期便でドッグフードを買いに行く手間も有りません!

注文はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



価格 容量 評価
3600円
定期コース20%OFF
2キロ ドッグフード人気、ドッグフード人気ランキング、無添加ドッグフード人気

NDF ナチュラルドッグフード
無添加にこだわったイギリス生まれのドッグフードが「NDF ナチュラルドッグフード

原材料や素材に徹底的にこだわった安心出来るドッグフードです。添加物が入っていないドッグフードはワンちゃんが食べないのではと言われる飼い主さんもいますが喜んで食べるワンちゃんがほとんどです。

 

人が食べられる原料だけを使い粗悪な原料を使用していません、人工添加物なども一切使用していないのでアレルギーリスクも少なく愛犬の化艶も良くなり喜ばれています。

無添加へのこだわり、人口添加物を一切使用していない
原料へのこだわり、人でも安心して食べられる素材を使用
徹底した製造管理でこだわりの製造工程

7歳になった我が子に獣医さんに勧められた「NDFナチュラルドッグフード」年齢を感じさせないつやつやの毛並みをキープしています。

以前も高給ドッグフードを上げていましたが食いつきはそれ程良くありませんでした、「NDFナチュラルドッグフード」に変えてからは喜んでたべるようになりました。ドライフードでこれほど食べるのは初めてです。

注文はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



価格 容量 評価
3600円
定期便で10%OFF
2キロ ドッグフード人気、ドッグフード人気ランキング、無添加ドッグフード人気

オリジン
こだわりでは上記2社に負けていないカナダのドッグフードが「」

質の良い原材料、素材にこだわった安心出来るドッグフードです。
良質の動物性のタンパク質を多く取り入れる為の工夫など犬の事だけを考えて作られています、市販のドッグフードに中には炭水化物の量が多い商品も多く本来犬は肉食動物系などで動物性タンパク質を多く取る必要が有りますが炭水化物の摂取が多くなっているのが現状です。アレルギーを起こさない為にも大事な事だと思います。
しかも市販ドッグフードでは唯一「ドッグフード・オブ・イヤー」に3年連続で選ばれました。

良質なタンパク質を多く取り込むための素材にこだわりました。
国際基準の「ドッグフード・オブ・イヤー」に選ばれています。
自社工場で徹底した品質管理、こだわりのドッグフードへの思いが

うちの子は10歳を超えてから食が細くなったので心配していました、食べやすいドッグフードを探していたところ「オリジン」に行きつきました。
信頼出来るモノって中々ないですよね!ここまで徹底されていることに驚きです。

ブリーダーの方が「オリジン」だったので自然とこのドッグフードを上げていましたが改めてブリーダーの方は犬の事を考えているのだと思いました。
少し高価なドッグフードだなと思っていましたが今では感謝しています。

注文はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



価格 容量 評価
4368円 2,27キロ ドッグフード人気、ドッグフード人気ランキング、無添加ドッグフード人気

 

ドライフードを食べないワンちゃんに

ドッグフード人気、ドッグフード人気ランキング、無添加ドッグフード人気

ドッグフードの中でもドライフードを食べないワンちゃんも多いですよね!

 

おやつなどを上げたり子犬の頃からドライフードに慣れさせていないとドライフードを食べなくなることは多いですよね!

 

特におやつや偏食で食べなくなったワンちゃんの場合ドライフードを食べさせる事は簡単では有りません!
頑固なワンちゃんの場合、何も食べずに胃液を戻したりして飼い主が根負けすることも多く少しづつ慣らしていく事が重要だと思います。

 

例えば今まで食べさせていた食事に少しづつ混ぜていく方法や大好物と一緒に与えるなど少しづつでも慣らす事がドライフードを食べてもらうには重要だと思います。

 

ここで問題はドライフードをなぜ嫌がっているのかも問題です、ドライフード全体を嫌っているのかそれともそのドライフードだけを嫌がっているのかも調べる必要は有ります。一つの銘柄だけ嫌がっているのならそれ程問題なくドライフードを食べてくれると思いますがどの種類のドライフードも嫌がっているなら根気よく慣らす必要は有ると思いますよ!

 

ドライフードを食べてくれるか、食べてくれないかはこれから犬を飼う上で凄く問題です、ドライフード(ドッグフード)は歯を丈夫にするのはもちろんですがワンちゃんの為の栄養が考えられて作られています。人間とは摂取する栄養が違いあます。

 

人間の食べる食事を上げていれば肥満や生活習慣病になったりします、ドライフードを食べないからと諦めないで根気よく慣らしてください!


ドッグフードの選びからQ&A

ドッグフードの選び方ですがドッグフードと言っても種類も多く大きく分けても「ドライフード」「半生タイプ(セミドライ)」「缶詰タイプ」が有ります。

 

半生タイプの中にもドライフードと半生のフードが半々に入っているものや全部が半生ものまでいろいろ有ります、メーカーによっても違いますしドッグフードの種類は年々増えています。

 

その中から飼い主さんは愛犬に適切なドッグフードを選ばなければいけません!安心で安全な食事を提供する為にも最低限の知識は必要です。

 

ドッグフードの価格の違いはなぜですか?

ほとんどの場合、原材料費の違いだと思います、安価な物は原材料も安価なので粗悪になりがちです。安心出来kるドッグフード選びの目安にもなりますよね!あまりにも安価な物は愛犬の為にも避けた方が良いかもしれません!

価格が高いドッグフードは安心、安全?

そうでは有りません、原材料の質が良くても添加物などが入っているものや品質の良くない物の有ります。
値段が高いから品質は大丈夫と思わず自分でしっかりと原材料や素材などを調べる事も必要です。これは最低限調べる様にしましょう!

ドッグフードでアレルギーになるって本当?

犬のアレルギーもたくさん有ります、最近言われているのが穀物アレルギーです。
この穀物アレルギーはドッグフードなどで使用されるトウモロコシ、小麦、大麦などで起こると言われています。
その為最近ではグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードも増えています。

グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードって何

穀物を使わずに作られたドッグフードの事です、トウモロコシ、小麦、大麦など犬がアレルギーを起こすと言われている素材を使わずに製造されているドッグフードです。

これだけは知っておきたいドッグフード選び

ドッグフードを選ぶ基準などはありますか?
ドッグフードにはホームセンターなどで購入できる安価なドッグフードから動物病院などで推奨している比較的高価なドッグフード、またドライフードや生タイプ、半生タイプなど様々なドッグフードを選ぶことが出来ます。

 

最近のドッグフードは健康志向なタイプが多く、飼い主さんも安価なドッグフードから無添加や原材料の安心なドッグフードを選ぶようになってきています。
そこで当サイトでは、健康志向、ワンちゃんの健康に考量したドッグフードの選び方として、これだけは知っておいてほしい項目を掲載しました。
まずは、成分表示を見てください。
成分表示を見てもわからないことが多いと思いますが、成分表示の項目に「ミートミール」「家畜ミール」「肉の副産物」などの表示があるドッグフードは避けたいですね!
ミートミールの表示があるドッグフードには、死んだ動物の肉やスーパーなどの廃棄品、酷い時には腫瘍などが出来た動物の肉などを粉砕した肉が混ぜられています。
人間では到底食べないような肉が、表示に「ミートミール」があるドッグフードには混ぜられていることのあります。
大切な家族のワンちゃんに。このような食事をさせられますか?私はノーです。

 

知らないと普通に与えてしますドッグフードですが、知ってしまうとこのようなドッグフードの食事は無理ですね!

 

「ミートミール」以外にも安価なドッグフードには、穀物の使用の多いドッグフードがあります。穀物は本来、肉食系の犬には必要ではありません、しかしドッグフードの成分表示には「穀物」という文字があります。穀物の使用自体は悪いものではありませんが、安価のドッグフードには、穀物の量が多いものがあります。これは単に量増しとして使われることが有るので栄養分的に問題があるようです。
穀物表示には「コーングルテン粉」「グルテン」「焼きトウモロコシ」「小麦粉」などがあります。危険なものではありませんが、あまり多く使用されているドッグフードは避けるほうが良いと思います。

 

このように安価なドッグフードにはそれなりの訳があります。上記の事は最低限知っておきたい飼い主としての義務だと思います。
高価なドッグフードは、それなりに原材料も厳選していることがほとんどですので、それほど負担にならないのなら、安心できるドッグフードを選んであげましょう!

更新履歴